新型コロナウイルスに関する用語集

2020年4月7日

ニュースを見ていて、意味の分かりにくい単語があるかと思いますので、まとめました。

COVID-19(コヴィッド19)

新型コロナウイルス感染症の正式名称です。

この単語が出てきたら「新型コロナウイルス」の事についての内容になります。

 

陽性反応(ようせいはんのう)

検査を行った時、被検体が反応を示すこと。

つまり、新型コロナウイルスの反応があるため感染者となる。

 

陰性反応(いんせいはんのう)

検査を行った時、被検体が反応を示さないこと。

つまり、新型コロナウイルスの反応がないため非感染者となる。

 

要請(ようせい)

必要だとして、強く願い求めること。

罰則はなし。

 

自粛(じしゅく)

自ら進んで、行動・態度を慎むこと。

(例)

新型コロナウイルス拡散防止のため、ライブイベントを自粛する。

 

検疫(けんえき)

伝染病がひろがるのを防ぐため、ある地域に出入りする人や物を検査し、必要な処置をとること。

 

水際対策(みずぎわたいさく)

外国から自国にウイルスを通さない対策。

「主な内容」

・入国拒否対応

・全ての国及び地域からの入国者に対する検疫強化(日本国籍者も対象)

・外国との間の航空旅客便について、減便等による到着旅客数の抑制を要請

など。

 

緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)

要請だけではなく「指示」を出すことができる。

罰則はなし。

「強制力を伴う内容」

・臨時の医療施設をつくる場合に、土地や建物を所有者の同意を得ないで使用できる。

・医薬品や食品など必要な物資の保管を命じることができる。

 

クラスター

集団。

(例)

〇〇病院で看護師が新型コロナウイルスに感染し、そこから病院内で感染者が続出。

〇〇病院でのクラスター発生となる。

 

小規模患者クラスター

感染経路が追えている数人から数十人規模の患者の集団。

 

オーバーシュート

感染者の爆発的増加。

★定義:2ないし3日のうちに累積患者数が倍増し、そのスピードが継続的にみられる状態。

(例)

4/1-4/3:患者数100人

4/4-4/6:患者数100人(ここまでの患者数100人+100人=200人)

4/7-4/9:患者数200人(ここまでの患者数200人+200人=400人)

このように、ここまでの患者数(累積患者数)が倍増している状態。

 

ロックダウン

★定義:なし

都市封鎖。

日本では、基本的に都市封鎖をすることはできないとされている。

その代わり、さまざまな「要請」で対応する。

 

インバウンド

外国人が訪日すること。

 

ソーシャル・ディスタンシング

人との距離をとることを意味しています。

2メートルが目安とされています。

 

ソーシャル・ディスダンシング

「ディスタンシング」ではなく「ディスダンシング」。

こちらは、近所の人達と距離を保ちながらダンスをするコミュニティーのようです。